自宅にある押し入れがカビてしまった時の対策方法

クローゼット

押し入れにしまっておいたものを出してみたらカビが生えていた、こんな経験を持つ人は少なくないかもしれません。特に押し入れの中を汚い状態にしているわけではないのに、よく見たら隅の方や天井にカビが生えてしまう事があります。カビは高温多湿でえさとなるたんぱく汚れの多い場所ほど居心地が良いため、条件によっては押し入れの中がかびの温床になりやすいものです。

家の中でも、頻繁に扉を開け閉めしない押し入れは要注意です。押し入れの中にかびが生えてしまっても、それほど時間がたっていないのであれば比較的簡単にとる事が出来ます。ただし、拭いても黒いシミあとがつくような場合は、そのシミあとまで完全に取り除くのは難しいかもしれません。

特に普段あまり開けることの無い場所にものを詰め込んである場合、通常はものを出し入れする時以外は締切になっているため、当然ですが内部は換気不足になっています。しかも中にしまっておくものが、例えば使ったままの布団や着用した衣服などの場合、内部の湿度が上がってよりかびが好む環境に陥ります。また、中にしまうものの量も問題です。あまり詰め込みすぎてしまうと、中で空気の流れが全くできないため、通気が悪くなって収納してあるもの自体もかびる原因になります。

日本の伝統的な木造住宅は本来は家全体が風通しの良い状態にできる構造なのですが、現在は気密性が高くて外気との温度差も大きい住宅が多く結露が起こりやすい環境も、押し入れなどにかびを生えやすくしています。かびてしまった押し入れの中の対策方法としては、まずは中にしまったものを全て取り出してみて、かび移りをしていないか、かびの原因になりやすいものが無いかを確認してみます。その後、布にアルコールを含ませてカビが目立つ部分を丁寧にふき取ります。カビをふき取った同じ面で別の場所を拭いてしまうとカビ菌を広げてしまう可能性があるので、使い捨てのものを活用したり、布の当たる面をこまめに変えるようにしましょう。

天井や壁を丁寧に拭き終えたら、水分を残さないように完全に乾かすことが大切です。この時に窓を開けて換気すると、より効果的です。押し入れの内部が十分に乾燥したら、収納したものにカビが付いていないかをしっかりと確認して元に戻すようにします。できれば布団などは天日に半日ほど干して乾燥させてからしまうのがおすすめです。また、少しでもカビが生えにくくする対策方法として、押し入れの壁や床面と収納するものの間に隙間を作るように工夫することもポイントです。木製のすのこを敷いてその上の収納するものを乗せたり、壁面にもすのこを置いてから収納すれば、空気の通り道が出来てより通気性が高まります。