家の中が無理なら天井に収納!屋根裏収納のメリットとデメリット

家の中に収納スペースが足りないと悩む人にとって、屋根裏収納という選択は魅力的です。屋根裏には断熱材や梁などがあるので、収納スペースとしてリフォームすることなくそのままモノを保管するには向きません。さらにこのスペースへの出入り口の開口部を作りますが、中にどんなものをしまいたいかをよく考えてから作らないと、せっかくの収納スペースが無用の長物になってしまう事も考えられます。

屋根裏収納を作る事のメリットは、居住空間のスペースを無駄にすることなく収納スペースを増やせることにあります。あまり頻繁に出し入れするようなものには向きませんが、例えば一年のうちで数回しか使わないものや、当面使わないけれど、捨てずにとっておきたいようなものをしまうのには適しています。そして、屋根裏に収納する場合には寒暖差の影響を受けやすい繊細なものは向きません。屋根裏という場所の特性から外気の影響を直接受けやすいため、収納するものは温度差による影響がなく、あまり重すぎず開口部からの出し入れが容易にできるものを収納するようにしましょう。

また、屋根裏収納への出し入れははしごや脚立などを用いることが多いので、出し入れの際には不安定で危険が伴います。だからこそあまり重いものや大きなものの収納には向きません。それらのことを考えれば、家の中の他の収納スペースと比較したときに、しまっておけるものがある程度限定されるという点が屋根裏収納のデメリットといえます。

また、これは屋根裏以外でも言える事なのですが、収納スペースを増やしたことで不用品を貯め込みやすくなってしまいがちです。要らないかもしれないけれど、とりあえずしまっておくスペースがあるのでどんどん詰め込んでしまえば、結局また収納場所は足りなくなってしまうものです。その為、収納スペースを新しく確保しても、不用品の処分は定期的に計画的に行う習慣を身に付ける事が大切です。入れておく場所があるからとどんどんため込むのではなく、収納スペースを増設する必要があるなら、まずは不用品をきちんと処分することから始めるのがおすすめです。

現在は不用品を処分する方法はいろいろあります。フリマアプリを使ったり不用品買取業者に依頼して引き取ってもらう事も出来ます。捨てるとなるとなかなか決心がつかないものでも、リサイクルに出して誰かが使ってくれるかもしれないと思えれば、案外手放しやすくなるものです。屋根裏収納を作る事で収納スペースがグンと広くなることは大きなメリットですが、その反面施工にはその分お金がかかる点はデメリットです。不用品をきちんと処分する習慣が身に付けば、収納場所不足に悩むこともなくなり、お金をかけて収納を作る必要が無くなるかもしれません。