トランクルームには種類がある!借りる前に知っておこう!

トランクルーム

家の中にしまいきれないものが溢れて収納スペースが足りないとき、トランクルームを利用するのも選択肢の一つです。トランクルームにもさまざまな種類があり、利用方法や料金はそれぞれに異なりますが、まずはトランクルームの種類と特徴を理解することが大切です。

一般的にトランクルームにはレンタル収納タイプと呼ばれる屋内型のもののほか、コンテナ収納タイプと言われる屋外型トランクルームがあります。これらのタイプはいずれも不動産業者などが運営しているケースが多いのですが、これらの種類以外にも倉庫業者が運営している倉庫業者のトランクルームや宅配型トランクルームなどもあります。まず屋内型のレンタル収納タイプは、通常はエアコンなどの空調システムを完備しており、荷物の搬入に際してもセキュリティ対策がしっかりとしているのが特徴です。

その為温度や湿度を考慮しなければならないような、デリケートなものを収納するのに適しています。また、きちんと保存することが重要な本や書類、法定保存文書などのような大切な荷物を保管するために防犯対策が万全な収納場所を選びたい場合にも最適です。料金の設定はその場所によって異なりますが、屋外型のレンタル倉庫などと比較すると料金は高めになります。

一方、屋外型トランクルームというのは住宅街などの都市郊外によく設置されているタイプで、手軽な料金で利用できて出し入れが比較的自由にできるのが特徴です。ただし、室内の環境がどのように管理されているかにもよりますが、空き地にコンテナを積み上げたコンテナ収納タイプの場合、大きな荷物なども車を横付けできるため便利な反面、鍵一つで自分で出し入れするタイプが多いので、セキュリティ対策はレンタル収納型などと比較すると防犯性の面では劣ると言えます。

そのため室内環境にもよりますが、多少のほこりや高温の環境でも問題の無いような、例えばレジャー用品や引っ越しの際の一時的な荷物置き場などへの利用に向いています。倉庫業者のトランクルームは国の基準をクリアした施設で、倉庫業者の責任の範囲を契約の中に明確に示しています。倉庫業者のトランクルームは利用者保護の観点からも管理体制が優れたトランクルームであることが特徴です。宅配型トランクルームは業者指定の専用ボックスなどに預けたい荷物を詰めて梱包すれば、トランクルーム会社が荷物を保管場所まで配送をしてくれるサービスです。自分で運ぶ手間が省けるのはメリットですが、預け入れや取り出しに予約が必要なため、必要な時にすぐに荷物が取り出せない点がデメリットです。